ホーム >> 同窓会規約

同窓会規約

第1章 総則

第1条(名称)
本会は、熊本マリスト学園同窓会とする。
第2条(事務局)
本会は、事務局を熊本市に設置し、必要に応じて全国及び県内の各地に支部を置く。

第2章 目的及び事業

第3条(目的)
本会は、熊本マリスト学園同窓会会員間の親睦をはかるとともに、マリスト学園及び社会の発展に貢献することを目的とする。
第4条(事業)
  1. 名簿の作成
  2. 会報の発行
  3. 同窓会支部設立の促進及び活性化
  4. その他、第3条の目的達成のために必要と認められた事業

第3章 会員

第5条(会員の資格)
熊本マリスト学園高等学校卒業の者及び熊本マリスト学園中学校または高等学校に在籍した者で、事務局へ入会届けを提出し、入会費等を納めた者。
第6条(会員の義務)
  1. 会員は、本会の事業目的達成のために協カしなければならない。
  2. 会員は、年会費を納入しなければならない。
  3. 会員は、その住所、氏名、職業等を変更した時はすみやかに事務局まで届け出なければならない。

第4章 役員

第7条(役員)
本会に次の役員を置く。
  1. 会長1名
  2. 副会長若干名
  3. 事務局長1名
  4. 会計監査役2名
第8条(役員の職務)
  1. 会長は、本会を代表し、本会の会務を統括する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長不在の場合はその職務を代行する。
  3. 事務局長は、本会の事務及び会計を統括する。
  4. 会計監査役は、本会の会計の監査を行う。
第9条(役員の選任)
  1. 会長及び会計監査役は、理事会において選出される。
  2. 副会長、事務局長は、理事の中より、会長が選出し任命する。
  3. 役員は、総会において承認されなければならない。
第10条(役員の任期)
役員の任期は、2年間とし、再任を妨げない。

第5章 機関

第11条(機関)
本会には、次の機関を置く。
  1. 総会
  2. 役員会
  3. 理事会
  4. 支部会
第12条(総会の種類とその招集方法)
  1. 定例総会は、少なくとも1年に1回、会長が招集しなければならない。
  2. 臨時総会は、会長が必要と認めた時、理事会が必要と認めた時及び会員50名以上の書面による請求があった時、会長が招集する。
  3. 総会を招集する時は、その3週間前までに総会の日時、場所、議題、その他必要な事項を会員に通知しなければならない。
第13条(総会の決議事項)
総会は次の各事項を審議する。
  1. 事業報告
  2. 会計報告
  3. 役員改選
  4. 会則の改廃
  5. 会長あるいは理事会が必要と認めた事項
  6. 第12条により会員の50名以上の書面による請求があった事項
第14条(総会の議事運営)
  1. 総会の議長は、出席会員の中から互選により選出する。
  2. 総会の議決は、出席会員の過半数をもって行う。
第15条(理事の選出方法及び理事会の構成)
  1. 理事は、熊本本部及び全国各支部において、互選により選出され、各支部の支部長は理事を兼ねる。
  2. 理事会は、熊本本部及び全国各支部において選出された理事により構成する。
第16条(理事会の種類とその招集方法)
  1. 全国定例理事会は、少なくとも1年に1回、会長が招集する。
  2. 全国臨時理事会及び熊本本部理事会は、会長が必要と認めた時、理事の5名以上の書面による請求があった時、会長が招集する。
第17条(理事会の議決方法)
理事会は、次により審議する。
  1. 理事会の議長は、会長又は会長に指名された者が行う。
  2. 理事会の議決は、出席理事の過半数をもって行う。
第18条(理事会の審議事項)
理事会は、次の各事項を審議する。
  1. 会長及び会計監査役の選任
  2. 本部及び各支部における理事の定数の決定
  3. 総会提出事項及びその他の議事が必要な事項

第6章 会計

第19条(資金)
本会の資金は、次の各事項からなる。
  1. 入会費5,000円、また高等学校卒業後の学生の期間中は期間を通して3,000円、但し高等学校卒業時に合計8,000円を徴収
  2. 年会費5,000円
  3. 臨時会費
  4. 寄付金及び物品
  5. その他の収入
第20条(会計年度)
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。
第21条(予算案及び決算書)
会長は、事務局長に命じ、毎年5月末日までに翌年度の予算案を作成し、また会計年度終了後、同じく8月末日までに決算書を作成しなければならない。
第22条(承認及び会計監査)
  1. 予算案は、全国定例理事会の承認を得なければならない。
  2. 決算書は、会計監査役の監査を受け、その後全国定例理事会の承認を得なければならない。
第23条(会計事務)
本会の会計事務は、熊本本部事務局が行う。

第7章 支部

第24条(支部の設立)
会員は、総会の承認を得て、支部を設立することができる。
第25条(報告の義務)
支部は、支部会則、支部会員及び支部役員の氏名、その他必要な事項を事務局に報告しなければならない。
第26条
支部は、必要に応じて会長、役員、その他理事の出席を求めることができる。また、要望事項を理事会及び役員会に書面をもって提出し、協力を求めることができる。

第8章 顧問及び各種委員会

第27条
会長は、本会の目的及び事業を達成するため、必要に応じ顧問及び各種委員会を設けることができる。

第9章 附則

第28条(細則)
この会則の施行のために必要と認められた時は、理事会は別途細則を定めることができる。
第29条(発効)
この会則は、平成4年9月14日をもって発効する。
この会則は、平成9年11月1日改正。
この会則は、平成25年11月9日改正。
この会則は、平成26年10月11日改正。

熊本マリスト学園同窓会細則(案)

第1条  会則第15条1項について、次の細則を定める。
熊本本部及び全国支部の理事の他に、原則として10名以上で構成される職域同窓会からも1名理事を推薦することができる。
第2条  会則26条について旅費規定を次の通り定める。
  1. 交通費、宿泊費、懇親会費は、実費を支払う。 但し、会長の指示による出張に限る。
  2. その他は、別途定める
附則
この細則は、平成4年9月14日をもって発効する。
この細則は、平成9年11月1日改正。
この細則は、平成25年11月9日改正。