ホーム >> 支部便り >> 東京支部

支部便り

東京支部

支部長名 宅島 慎一(1期)
事務局 矢田部 親英(18期) ・ 内田 智久(18期)
メール* takarandy09014008006#docomo.ne.jp
tandypapa#yahoo.co.jp (内田)
TEL 0463-96-6021
FAX 0463-38-0905
URL -
* #を@に置き換えて送信してください。
東京支部便り
連絡員 内田 智久(18期)

今回の東京支部便りは、昨年の東京同窓会総会についてご報告いたします。
平成20年10月12日、東京市谷アルカディア私学会館周辺は気温28度、日差しも強く、当然半そでで充分な陽気。代議委員会、全国総会も問題なく終わり、いざ待ちに待った懇親会へ。同窓会長の開会宣言の後、乾杯 !(29期光永さんご苦労様でした!)、ご来賓のお言葉を頂戴し、しばらくの間お食事ご歓談の後…ジャジャ〜ン !♪アトラクションスタート !宮崎律(39期)さん率いるレゲエ・ユニット「TESTA DI FAMIRIA」の軽快な歌声で一気にライブ会場へ変貌。ボルテージは最高潮!ノリノリで数曲を楽しまさせていただきました。

参加者の目はサイドスクリーンへ釘づけに…アカデミー賞受賞「おくりびと」の脚本家、小山薫堂(20期)さんの番組「¥トシガイ」の一部を映写。小山さんのトークで始まり、内容は「自分の原点は高校時代にあり、平田明と言う同級生がいたから今がある。」恩返しをしたいからと最高のスタジオ最高のスタッフで再レコーディングをセッティング。「心でつながっていよう…♪」のレコーディング場面でスクリーン映写は終了。正面ステージにスポットが入り、そこに20期平田明さんが…もちろん「心でつながっていよう」を熱唱!前の方の席に座られてた方の中には、目頭を押さえておられる方がチラホラと…後ほどお話をお聞きすると「今テレビに出とる人が歌ってる!しかも自分の後輩が!と思うと感動して涙が出たッタイ!」とのコメントでした。
「自分の原点は高校時代にある」そう胸を張って言える同窓会仲間でいたいと切に感じた同窓会でした。1期〜46期 気が付けば151名が集った楽しい会が終了いたしました。

また数年後、東京支部の総会で会えるまで
皆さんお元気で心でつながっていよう

東京マリストクラブ会長 宅島 慎一(1期)
東京支部連絡員‥谷田部親英、 内田 智久
         tandy09014008006@docomo.ne.jp
宮崎 律(39期)「TESTA D I FAM I R I A」
         http : www.testa-di-familia.com
平 田  明 (20期) http://hokorasya.jp
    (ライブ情報が満載要チェックです)